伝説の点取り屋も ロリスが明かす厄介だった”4人のストライカー”

フランスの守護神ロリス photo/Getty Images

現役選手もいれば引退した選手も

フランス代表の守護神として今夏ロシアワールドカップを制したウーゴ・ロリス。31歳のロリスは母国フランスのニースでデビューし、リヨン、そして現在のトッテナムへと移籍してきた。

今回そのロリスが対戦した中で苦しめられたストライカーを挙げている。典型的な点取り屋に苦しめられたとの印象が強いようで、仏『RMC Sport』によれば最初に挙げたのはレアル・マドリードで活躍したラウール・ゴンザレスだ。

「ラウールとは彼がレアル、シャルケにいる時に対戦したが、彼は常にGKをちらりと見てポジション取りし、シュートを打ってくるからね。他にはルイス・スアレス、メッシか。彼らは紹介する必要ないよね。もっと前だとパリ・サンジェルマンにいたパウレタだね。ニースにいる時には彼と対戦したよ」

パウレタはポルトガルを代表する点取り屋で、タイプ的にはラウールと似ているか。一瞬の隙を見逃さずゴールを決めてくるストライカーだ。31歳とベテランの域に入っているロリスらしい様々な時代が混ざり合ったチョイスとなっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ