ゴールネットも揺れているのに…… “謎のノーゴール判定”がスコットランドで[映像アリ]

スコットランドの2部リーグでまさかの事態が photo/Getty Images

「史上最低の判定では?」と英国メディア

現地時間1日にスコットランド2部リーグの第4節が行われ、パーティック・シッスルがグリノック・モートンに1-0で勝利した。

パーティック・シッスルが1点をリードして迎えた56分に、問題が発生。同クラブのFWクリス・ドーランが敵陣ペナルティエリア内でシュートを放ち、ボールはグリノック・モートンの選手が守るゴールの中へ。ゴールネットも揺れたため正真正銘のゴールかと思われたが、審判団はそのままプレイを続行し、同クラブの得点を認めなかった。この謎のノーゴール判定は英『Daily Mail』で取り上げられ、「史上最低の判定では?」という見出しとともに報じられた。

ペナルティエリア内に大勢の選手がいたとはいえ、ゴールネットを揺らしたシュートを見落としてしまったことは、あまりにお粗末と言える。ノーゴール判定が試合の勝敗そのものに影響しなかったことがせめてもの救いだろう。






参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ