副審がインプレイ中にピッチ内へ! ブラジル・セリエBで何が起きた?[映像アリ]

副審が前代未聞の行動に photo/Getty Images

一体なぜ?

現地時間1日にブラジル・セリエBの第19節が行われ、フィゲイレンセがCRBに0-0で引き分けた。

同試合で副審を務めたマルシオ・グレイドソン・コレイア・ディアス氏の一風変わった行動が話題となっている。ブラジルメディア『terra』は同日中にこの試合の動画を公開。同氏がインプレイ中にピッチ内へ侵入し、フィゲイレンセ側のオフサイドを判定している姿が映し出された。

IFAB(国際サッカー評議会)が発表している『審判員のための実践的ガイドライン』では、副審はインプレイ中、タッチラインに沿って走行するよう規定されている。ディアス氏がなぜピッチ内に侵入したのかは定かではないが、この前代未聞の行動はブラジル国内で語り継がれそうだ。




参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ