ロシアW杯で4ゴールも…… ルカクの“大会ワースト記録”が明らかに

ビッグマッチで得点を奪えなかったルカク photo/Getty Images

決勝Tではノーゴール

ロシアW杯で4ゴールを挙げたFWロメル・ルカク(ベルギー代表)だが、ある課題が浮き彫りとなった。

スポーツデータサイト『Sofa Score』の統計によると、同選手はロシアW杯で6度の決定機をふいに。これは同大会におけるワースト記録だ。グループリーグの初戦(パナマ代表戦)と第2戦(チュニジア代表戦)で2ゴールずつを挙げたものの、決勝トーナメントでは無得点。準決勝(フランス代表戦)の89分にはケビン・デ・ブライネの正確なクロスにフリーで反応したが、ヘディングシュートを空振りし、チームを敗戦から救うゴールを奪えなかった。フリーランニングの質やポストプレイの精度は依然として高いだけに、今後はシュートの質にこだわりたいところだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ