負傷交代したアザール、W杯は問題なし? ベルギー代表監督「少し問題があったが……」

ベルギー代表の10番を背負い、キャプテンマークも任されているアザール photo/Getty Images

「心配するほどのものではない」

ロシアW杯前最後のテストマッチで負傷したベルギー代表MFエデン・アザールだが、本番への影響はなさそうだ。

11日に行われた国際親善試合で、コスタリカ代表と対戦したベルギー代表。この一戦でスターティングメンバーに名を連ねたアザールは、得意なドリブルなどで攻撃を牽引した。そして1点ビハインドで迎えた31分、ドリース・メルテンスの同点ゴールをアシスト。これで勢いを取り戻したベルギーはその後3点を奪い、4-1の逆転勝利を収めたが、アザールは70分に負傷交代していた。

英『DAILY STAR』など複数メディアによると、W杯本大会への影響が心配されたが、インタビューに応じたロベルト・マルティネス監督がアザールの状態について言及。「エデンは大丈夫だ。少し問題があったが、心配するほどのものではない。それよりも、私は(コスタリカ戦の)彼のパフォーマンスを本当に楽しむことができたよ。彼はシャープで強かった。そして堂々としていたね。少し足を打撲してしまったので、最後は交代を余儀なくされたが」と明かしている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ