ヨーロッパ柔道連盟、S・ラモスの“アームロック”に物申す[映像アリ]

S・ラモス(写真左下)の危険なプレイが問題に photo/Getty Images

ファウルにこそならなかったが......

26日にUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦が行われ、レアル・マドリードがリヴァプールに3-1で勝利した。

高次元の攻防が繰り広げられた同試合だが、DFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)のある行為が物議を醸している。26分に同選手がFWモハメド・サラー(リヴァプール)と交錯すると、サラーの右腕を掴んだまま転倒。安全な体勢で受け身をとることができなかったサラーは左肩を強打し、負傷交代を余儀なくされた。このラモスのプレイを非難したのが、ヨーロッパ柔道連盟。同連盟は公式Twitterアカウントを通じ、一連のプレイの危険性を指摘している。

「脇固めは危険な技です。柔道においても寝技に移行する際、この技をかけることは禁止されています。皆さんはこのファウル(※編注:決勝戦ではノーファウルの判定)を見てどう思いますか。柔道で禁じられているアームロックがサッカーではまかり通り、チャンピオンズリーグを勝ち抜くために良しとされているのです」

ラモスがサラーの腕を掴んでいたことは確かであり、ホールディングの反則があったという見方もできる。この同選手の危険なプレイに対し、今後も様々な意見が浮上しそうだ。








参照元:Twitter



●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.203 ケインが2発! イングランドの窮地を救う
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ