今でも記憶に残る日韓大会のラッキーボーイ・稲本潤一 W杯で輝いた”アジア人選手5名”に選出!

ロシア戦で得点決める稲本 photo/Getty Images

日本にW杯初の勝ち点をもたらしたラッキーボーイ

日本代表は2002日韓大会、2010南アフリカ大会で決勝トーナメント進出を経験したが、この両大会ではラッキーボーイと呼べる存在がいた。日韓大会ではMF稲本潤一だ。今回AFC公式はワールドカップで印象的な活躍を披露した5人のアジア人選手を紹介しているが、その1人に稲本も選ばれている。

稲本は日韓大会のグループリーグ初戦のベルギー代表戦で1得点の活躍を見せ、チームも何とか2-2で引き分け。日本代表にとってワールドカップ初の勝ち点獲得だった。さらに続くロシア戦でも稲本は得点を記録し、これが決勝点となって1-0で勝利。日本は初の勝ち点3を獲得することに成功する。この大会でラッキーボーイとなった稲本は日本に初めての記録を次々とプレゼントしてくれた。

2010年大会は本田圭佑だろう。同サイトが「イナモトに続いて1つのワールドカップで複数得点を記録した日本人選手」と伝えるように、本田はこの大会で直接フリーキックを含む2得点を記録。大会前まで絶対的な主力だったわけではないが、大一番で与えられた先発のチャンスを活かして日本を決勝トーナメントに導いた。自国開催以外のワールドカップでの初勝利、初の決勝トーナメント進出をもたらしたのが本田だ。

同サイトは他にもアジア人選手として初めてとなる3大会での得点を記録したサウジアラビア代表FWアル・ジャバー、イラン代表にワールドカップ初勝利をもたらしたFWメフディ・マハダビキア、日本も2006ドイツ大会で餌食となってしまったが、オーストラリア代表を決勝トーナメント進出に導いたFWティム・ケイヒル、韓国代表としてワールドカップを4度経験し、DFながら得点やアシストも記録したホン・ミョンボらをアジアを代表する選手として紹介している。

今回の日本はベテラン組が多い経験豊富なチーム構成となっているが、ラッキーボーイ的存在は出てくるのか。そうした特別な輝きを放つ選手でも出てこない限り決勝トーナメント行きを望むのは難しいだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ