ナポリ退団の恩師との別れを惜しむインシーニェ「ただただ感謝しかない」

インシーニェ(左)を称えるサッリ監督(右)photo/Getty Images

新指揮官への期待もあらわに

チームを大きく成長させたマウリツィオ・サッリ監督が今季限りで退団し、新指揮官にカルロ・アンチェロッティ氏が就任することとなったナポリ。イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが恩師への感謝の意や新指揮官への大きな期待を明かしている。

2015年夏にナポリの指揮官に就任したサッリ監督。自身のサッカー哲学をチームへ植え付けると、優勝こそ逃してしまったものの、今季は一強と言われたユヴェントスと最後まで激しいスクデット争いを繰り広げた。来季こそ悲願のタイトル獲得に燃えるナポリだったが、シーズン終盤ごろからサッリ監督の退任話が浮上し、指揮官本人も別れをほのめかすコメントを残していたが、それがついに現実のものとなってしまった。

チェルシー行きなどが噂されるサッリ監督だが、伊『sky SPORT』のインタビューに応じたインシーニェは恩師について次のように語っている。

「サッリに関して僕らは、ただただ感謝しかない。彼は僕らにいろいろなものを与えてくれたし、たくさんのことを教えてくれた。僕たちは彼の任期中、様々なことを改善してきたよ。それは全部、彼のおかげなんだ」

さらに、サッリ監督の後任としてチームを率いることとなった名将カルロ・アンチェロッティについても口を開いた。

「彼は偉大な監督だ。このこと(監督交代)については、あまり期待していなかったんだけどね。でも、会長が袖の中に切り札を隠していることはわかっていたよ。アンチェロッティの着任は大当たりだと思う。彼は素晴らしい戦術家だしね」

アンチェロッティ監督のもとでもチームの主軸として活躍が期待されるインシーニェだが、新指揮官とともに新たな歴史を切り開くことができるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ