ロシアに行けないのは誰……? 激戦のドイツ代表最終メンバーをブンデス公式が予想!

前回大会を制したドイツ代表 photo/Getty Images

あの選手が入っていない

前回大会の優勝メンバーに加え、新世代も着々と実力をつけているドイツは最もメンバー入り争いが激しいチームの1つだ。ロシアワールドカップに誰を連れて行くべきなのか、指揮官ヨアヒム・レーヴも様々なシチュエーションを想定していることだろう。

ブンデスリーガ公式もそんなドイツを特集しており、最終の23人を独自に予想している。この23人が最も可能性が高いと伝えているが、この中には4年前のキープレイヤーが1人入っていない。

GK:マヌエル・ノイアー、ベルント・レノ、マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン

DF:ジェローム・ボアテング、マッツ・フンメルス、ヨナス・ヘクター、ジョシュア・キミッヒ、マルヴィン・プラッテンハルト、アントニオ・リュディガー、ニクラス・ズーレ

MF:エムレ・チャン、ユリアン・ドラクスラー、レオン・ゴレツカ、イルカイ・ギュンドアン、サミ・ケディラ、トニ・クロース、メスト・エジル、セバスティアン・ルディ

FW:トーマス・ミュラー、レロイ・サネ、マルコ・ロイス、サンドロ・ヴァーグナー、ティモ・ヴェルナー


同サイトの予想はこの23人だが、ドルトムントMFマリオ・ゲッツェが入っていない。ゲッツェといえば前回のブラジル大会で優勝決定弾を決めた選手でもある。この4年間は苦しいものだったが、ロシア大会のメンバーには入れないのだろうか。

ゲッツェの他にはユリアン・ヴァイグル、レヴァークーゼンのユリアン・ブラントも入っていない。さすがに厳しい争いで、メンバー入り争いからドイツには大きな注目が集まることになりそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ