“選手が主審に”イエローカード提示 オランダ1部で起きた珍事とは[映像アリ]

フィテッセに所属するフォール photo/Getty Images

一体なぜ?

29日にエールディヴィジの第33節が行われ、フィテッセがトゥエンテに5-0で勝利した。

同試合に出場したMFナヴァロン・フォール(フィテッセ)と主審によるやり取りが話題を呼んでいる。フォールが相手選手に倒されると、同選手の足が主審の足に絡まり、主審も転倒。この直後にフォールは主審からイエローカードを奪い、主審に向かってイエローカードを提示したのだ。

『FOX SPORTS』の公式Twitterには「主審が大げさに倒れた」との一文が掲載されており、フォールが主審のオーバーなリアクションを茶化したと推測される。フォールの真意は定かではないが、主審が笑顔で同選手のユーモアを受け入れたことにより、何とも微笑ましい場面となった。




参照元:Twitter



記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ