「メッシに強くいきすぎれば、アルゼンチンへ帰れない」 セビージャDFが語る国王杯でのエース対策

バルセロナのメッシ photo/Getty Images

国王杯決勝、そしてロシアW杯迫る

21日にスペイン国王杯決勝でバルセロナと対戦するセビージャは、まず相手のエースであるFWリオネル・メッシを抑えなければならない。メッシに自由を許してしまえば勝てる可能性は限りなく低くなる。

スペイン『as』によると、アルゼンチン代表で同僚でもあるセビージャDFガブリエル・メルカドは守備面でしっかりと準備しなければならないと警戒感を示すと同時に、迫るロシアワールドカップへ向けて代表のエースを傷つけるわけにはいかないとジョーク交じりに語っている。

「もしメッシに強くいきすぎれば、僕はアルゼンチンへは帰れないよ。彼をファウルで止めることはできない。彼は間違いなく世界最高の選手だし、ピッチ上の様々なエリアへ顔を出して得点を決めてくる。僕たちは守備面で多くのことをしないといけないし、準備しないと。でも国王杯制覇を夢見ているし、誰も僕たちから簡単に獲ることはできないよ」

ワールドカップを前にメッシに怪我をさせることは許されないというのも本音だろう。しかし国王杯制覇へ相手のエースを自由にするわけにもいかず、メルカドも守備陣の1人としてメッシ対策を考えているようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ