まさかのフェイクニュースか レヴァンドフスキの“レアル移籍秒読み報道”に独メディアが反応

去就が注目されているレヴァンドフスキ photo/Getty Images

スペインメディアで移籍が有力視されたが......

2014年よりバイエルン・ミュンヘンに在籍しているFWロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド代表)。同クラブ不動のエースとして君臨している同選手だが、レアル・マドリードに移籍することで先方と自身の代理人が合意に達したことが17日づけのスペイン紙『Mundo Deportivo』で報じられた。

こうした状況のなか、独『Münchner Merkur』が前述の報道内容を否定。現時点でレアル・マドリード陣営とレヴァンドフスキの代理人との間に何ら接触がないほか、フロレンティーノ・ペレス会長(レアル・マドリード)がバイエルン・ミュンヘンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOに対し、同選手の代理人との交渉が行われていないことをメールで釈明したとの見方が併せて報じられた。

先月の段階でレアル・マドリードへの移籍の噂を否定していたレヴァンドフスキだが、現在の心境や本心は定かではない。今後も同選手や両クラブの動向を注視する必要があるだろう。




記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ