ユヴェントス、エジルの獲得レースに参戦 “エージェントK”が移籍を後押しか

去就が注目されているエジル photo/Getty Images

自身初のセリエA挑戦か

2013年にレアル・マドリードからアーセナルに移籍したメスト・エジル。非凡なパスセンスを活かしてアーセナルの攻撃を司ってきた同選手だが、今季限りで満了となる現行契約の更改を保留していることから、去就が注目されている。

マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が有力視されるなか、新たにユヴェントスが同選手の獲得に乗り出したことが伊『Corriere dello Sport』で明らかに。レアル・マドリード在籍時やドイツ代表で同選手と友好を深めたMFサミ・ケディラ(現ユヴェントス)が一連の移籍を後押しするという見方が併せて報じられた。

選手の移籍の背景には監督、クラブ首脳、代理人の力のみならず、仲の良い選手からのアドバイスが決め手となるケースが存在する。昨夏の移籍市場で“エージェントP”を名乗るポール・ポグバがロメル・ルカクのマンチェスター・ユナイテッド移籍に一役買ったという噂が話題となったが、ケディラが“エージェントK”として同胞MFの移籍を後押しするのだろうか。今後もエジルの動向から目が離せない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ