浅野はドイツで伸びているのか アコロ、ドニス、ブレカロら若手ライバルFWが躍動

シュツットガルトでプレイする浅野 photo/Getty Images

独紙は停滞気味と評価

FW浅野拓磨はヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表でも継続的に召集されるようになったが、2018ロシアワールドカップのメンバーに入れるかはまだ分からない。

日本代表戦では8月のオーストラリア代表戦で貴重な先制点を記録するなど、右サイドのスピードスターとして結果を出し始めている。しかし、所属するシュツットガルトでは思うような結果を残せていない。今季からブンデスリーガ1部で戦うシュツットガルトには浅野の他にも若手アタッカーが揃っており、23歳のカルロス・マネ、22歳のチャドラック・アコロ、21歳のアナスタシオ・ドニス、19歳のヨシップ・ブレカロと魅力的な選手が多くいる。まず浅野はここで競争に打ち勝っていかなければならない。

独『Stuttgarter Zeitung』は若手の成長が重要なポイントと主張しているが、今季未だ無得点の浅野についてはやや伸び悩んでいるとの評価を受けている。今節のケルン戦ではドニス、アコロの2人が得点を決めて勝利を収めており、浅野のライバルはしっかりと結果を出している。

2人とも今夏チームに加わった選手で、特にアコロはここまでチームトップとなる3得点を記録している。このままでは浅野の出場機会がさらに減ってしまうかもしれない。代表でポジションを確保するにはクラブで継続的に結果を出しておく必要があるが、浅野はブンデスリーガの地でハリルホジッチ監督を納得させる結果を出せるのか。ジャガーもまだまだ安泰ではない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ