マンUよりマンCがプレミア制覇に近い? ギグス氏もライバルを評価「攻撃陣は恐ろしかった」

プレシーズンマッチから好調のマンC photo/Getty Images

今夏の補強も後押し

今夏のプレミアリーグは2016-17シーズン以上に大荒れの展開となるだろう。マンチェスター・シティを指揮するジョゼップ・グアルディオラ、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョはそれぞれ2年目を迎え、今夏の補強と合わせチームの形ができてくる頃だ。さらに王者チェルシー、驚異の攻撃力を誇るリヴァプールも黙ってはいない。

これまで以上に優勝予想が難しいシーズンとも言えるが、元マンUのライアン・ギグス氏はライバルであるマンCを優勝候補に推している。英『sky SPORTS』によると、同氏は「マンCが勝つと思う」と語り、その理由が驚異の攻撃陣にあることを明かしている。

「昨季はシーズン終盤にかけて攻撃陣は恐ろしかった。アグエロ、ジェズス、サネ、デ・ブライネ、スターリングとね。彼らには守備が必要で、GKのエデルソンがどう解決するかは興味深い。平均的なGKではプレミアリーグ制覇はないからね。そして彼らはサイドバックに巨額の資金を投じたが、疑問はコンパニのコンディションにある。彼の経験値と影響力はカギだ」

「チェルシーのクオリティを考えると無視はできないけど、彼らがプレミアリーグのタイトルを守ると同時に欧州でも戦える選手層のバランスを持っているだろうか?確信が持てないね。トッテナムは素晴らしい選手、ポチェッティーノがいる。だけどみんな補強も無しに勝ち続けられるか疑問を抱いている」

チェルシーはアントニオ・コンテの下で抜群の安定感を誇っていたが、ジエゴ・コスタと問題を抱えるなどスマートな夏を過ごしているとは言えない状況だ。チャンピオンズリーグの戦いが絡んでくることもリーグ戦に影響を与えるだろう。ギグス氏の言葉通りマンCも圧倒的な実力を持っているとは言えないが、優勝候補筆頭か。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ