ルカクはマンUに合っているのか!? ポゼッションよりもカウンターサッカーがベストとの見方も

解説者の見方は……

解説者の見方は……

マンU移籍に近づくルカク photo/Getty Images

エヴァートンFWロメル・ルカクは、今夏プレミアリーグで最も人気がある選手の1人だ。マンチェスター・ユナイテッドとチェルシーが争っていたが、マンUがそのレースを制すると見られている。

ルカクは2016-17シーズンにもリーグ戦で25得点決めているため、その得点力に疑いはない。しかし英『TalkSport』によると、解説を務めるエイドリアン・クラーク氏は、ルカクがマンUのスタイルに合うかは微妙なところと考えており、指揮官ジョゼ・モウリーニョはチームスタイルを変える必要があるとコメントしている。

「ルカクはそれほど背負ってボールをキープするのは上手いと思わない。彼はカウンターのスタイルに合っているんだ。そしてユナイテッドはポゼッションをベースとしたチームだと思う。モウリーニョがスタイルを変えるつもりなのか、チェルシーをも上回るカウンターのユニットを作るかは疑問だ」

2016-17シーズンのマンUはスピードのないズラタン・イブラヒモビッチを最前線に配置していたため、スピードに乗ったカウンターを繰り出す機会はそれほど多くなかった。ルカクを加えればスタイルを変えるかもしれないが、モウリーニョはルカクを活かせるのか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ