ケガに悩まされる宮市亮、ザンクトパウリ加入後2度目の靭帯断裂 指揮官も悔しさを口にする

右膝の前十字靭帯断裂で長期離脱へ

右膝の前十字靭帯断裂で長期離脱へ

再び大ケガを負った宮市 photo/Getty Images

ブンデスリーガ2部のザンクトパウリは28日、FW宮市亮が右膝の前十字靭帯を断裂し、長期離脱を余儀なくされたことを発表した。

クラブの公式サイトによると、宮市は28日の午前中に行われたトレーニングで右膝を負傷。トレーニングを中止し、チームドクターが検査したところ、前十字靭帯を断裂していることが判明したという。詳しい復帰時期などは明かされていないが、来週中にも手術を実施するようだ。その結果次第で、完治までの期間などが明かされることとなるだろう。

コーチから指揮官へ昇格したオラフ・ヤンセン監督は宮市について、クラブの公式サイトを通じて「非常に残念だ。彼にとって困難な時期になるだろう。だから、しっかりサポートしていきたい。再び元気な姿で、さらに強くなって復帰すると信じているよ」とコメントしている。

2015年夏にザンクトパウリへ加入して以来、2度目の靭帯断裂という大ケガを負ってしまった宮市。しっかりケガを治し、是非とも再起を図ってもらいたい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ