教育者・本田圭佑、ミラン時代の同僚の“尊敬できる人格者”と再会 ウガンダで一緒に慈善活動

人種差別と戦い続けているムンタリ

人種差別と戦い続けているムンタリ

ミランでともにプレイした本田とムンタリ photo/Getty Images

オフシーズンを迎えても、自身の移籍だけでなくサッカー以外のことでも精力的な活動を行い、多忙な毎日を過ごしている日本代表FW本田圭佑が、ACミランでともにプレイした盟友とアフリカの地で再開した。

13日に行われたロシアW杯アジア最終予選のイラク戦を戦い終え、上海やUAE、日本を訪れてイベントなどに参加していた本田。先日公表されたスケジュール通り、24日現在はアフリカのウガンダを訪れているようで、慈善活動を行なっていることを本田は自身のTwitterを通して報告した。そして、そのツイートには1枚の写真が添付されており、そこには本田と顔なじみの男性が。それは、ミランで約1年半ともに過ごしたサリー・ムンタリだ。本田は同選手についてTwitterへ次のように綴っている。

「人種差別と戦い続けているムンタリ。ミラン時代から人として尊敬できる人格者。ウガンダの子供達に会いに行こう!って誘ったら本当に来てくれて。ほんま珍しいアフリカ人やな」

今回の活動は、以前任命された国連財団の『Global Advocate for Youth』によるもので、ガーナ出身のムンタリともに、恵まれない子供達への支援を行なったようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ