黄金期を築き上げたベルルスコーニ時代の終焉…… ミラン、ついに中国資本への株式売却完了

30年以上もミランを支えてきたベルルスコーニ会長

30年以上もミランを支えてきたベルルスコーニ会長

ミランで一時代を築いたベルルスコーニ会長 photo/Getty Images

日本代表FW本田圭佑が所属するACミランは13日、親会社『Fininvest』が保有していた株式の99.93%を『Rossoneri Sport Investment Lux』へ売却したと発表した。

クラブの公式サイトによると、昨年8月5日に締結し、今年3月24日に延期が発表された契約の最終段階を無事終えたとのこと。そして、売却額は7億4000万ユーロ(約857億円)に上るという。14日に行われるミランの株主総会で、会長ら新役員の任命式を行うようだ。

30年以上もの間、ミランを支えてきたシルヴィオ・ベルルスコーニ氏らの時代が、ついに終わりを迎える。はたして、同クラブは新会長のもとでかつての輝きを取り戻すことができるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ