批判浴びるユーヴェの新ロゴ しかしネドベド副会長は絶賛「革新的、新鮮、本当に画期的」

新たな扉を開く1歩と期待

新たな扉を開く1歩と期待

ユヴェントスの副会長を務めるネドベド氏 photo/Getty Images

先日ユヴェントスが発表した新たなロゴマークには、サポーターから批判的な声が挙がっている。元に戻してほしいといった意見も多く、第一印象はそれほど良くなかったようだ。

しかし、クラブのOBで現在は副会長を務めるパヴェル・ネドベド氏はJを基調とした新たしいロゴをかなり気に入っているようだ。『FourFourTwo』などによると、ネドベド氏は、「私はこのロゴを最初から気に入っているよ。他の人もそうならいいね」とコメントしており、批判している人とは違う感覚で捉えているようだ。

さらにロゴの絶賛は続き、「私はこのロゴでハッピーさ。革新的なものだと思うし、新鮮さを与える。そしてデジタルとソーシャルの世界で前へ進んでいく大きな意欲を示している。本当に画期的なものだと思うよ」

サポーターはまだ受け入れにくいかもしれないが、ネドベド氏はこの新たなロゴに特別なものを感じているようだ。同氏はユヴェントスにピッチ上でもピッチ外でもNo.1の存在になってほしいともコメントしているが、このロゴはその願いを叶えるものとなるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.240 V字回復への処方箋
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ