「サッカーは我が人生そのものだ」 イタリアの天才レジスタ、今季限りで現役生活に終止符か

もし現役を引退したとしても、サッカー業界には残る

もし現役を引退したとしても、サッカー業界には残る

今季限りで現役を退くかもしれないピルロ photo/Getty Images

かつてACミランやユヴェントスなどで活躍し、現在はアメリカのニューヨーク・シティでプレイする元イタリア代表MFアンドレア・ピルロが、今季限りで現役を退くかもしれない。

現在37歳のピルロは伊『la Repubblica』のインタビューで、MLS開幕までの今後の予定について聞かれると「日曜にニューヨークで行われるミーティングに参加する予定だよ。その後、フロリダで休暇を取る予定なんだ」と述べ、オフシーズンをフロリダで過ごすことを明かした。

そして「今年が僕にとってラストシーズンかって? そうなるかもしれないね。可能性は十分あるよ。だから、楽しみながらシーズンを送りたいね。そして、良い形で終わりを迎えられることを願っている」と話し、今季限りで現役を引退する可能性があることを示唆した。

ただ「もし僕が選手としての歩みを止めたとしても、サッカー業界には残るつもりさ。まだサッカーに対して、たくさんの情熱があるからね。僕がサッカーに飽きることはないんじゃないかな。だって、サッカーは我が人生そのものだよ」と語り、引退後もサッカーに携わっていくようだ。

はたして、ピルロは今季が現役生活で最後のシーズンになってしまうのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ