「ミュンヘンは第2の故郷」 バイエルン、ロッベンとの契約を2018年まで延長

「可能な限り多くのタイトルを獲得したい」

バイエルン・ミュンヘンは16日、オランダ代表FWアリエン・ロッベンとの契約を延長したと発表した。クラブと同選手は2018年6月30日までの契約を結ぶ。

同選手はクラブの公式サイトを通じて「さらに1年バイエルンでプレイすることになって幸せだよ。このクラブは世界最高のクラブのひとつだし、僕自身にとっても家族にとってもミュンヘンは第2の故郷になっている。今後もトップレベルでプレイし、可能な限り多くのタイトルを獲得したい」とコメントした。

今月23日で33歳となるベテランFWは、2009年夏にレアル・マドリードからバイエルン・ミュンヘンに移籍してきた。バイエルンではクラブW杯、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAスーパカップだけでなく、ブンデスリーガやDFBポカールなど数々のタイトルを手にしてきた。近ごろは中国行きの可能性も浮上していたが、契約延長を発表しバイエルンでの日々がもう少し続くことになった。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ