骨折したD・アウベスは重傷? それとも意外と軽傷? ユーヴェ「完治までの期間は後日明かす」

本人は重傷を否定したが、慎重な姿勢を見せるユヴェントス

ユヴェントスは27日、ブラジル代表DFダニエウ・アウベスが負傷したことを発表した。

同日行われたセリエA第14節のジェノア戦でスタメンに名を連ねていたD・アウベス。試合終盤に左足を負傷し、担架でピッチから運び出されていた。そして、その足で彼は病院へ直行。クラブの公式サイトによると、左足の腓骨骨折と診断されたようだ。

現地メディアは、3ヶ月から4ヶ月の離脱は免れないのではないかと報じている。しかし、自身のInstagramを更新したD・アウベスは「多くのメッセージや励ましに感謝しているよ。ケガはインターネットで言われているほど深刻なものではない」と一部の報道を否定。「可能な限り、早く復帰したい」と綴り、早期復帰に意欲を見せていた。

そんな中、翌28日に精密検査を行ったD・アウベスの近況をユヴェントスが報告。「完治までの期間は、臨床学やX線検査に基づき、後日明らかにする」と慎重な姿勢を見せた。

はたして、D・アウベスのケガは重傷なのか。それとも軽傷なのか。相次ぐ負傷者に悩まされているユヴェントスにとって、彼の長期離脱はかなりの痛手かもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ