40歳になった“ローマの王子”は今がピーク!? 「25歳のときよりフィジカルコンディションが良い」

90分間ピッチに立ち続けたトッティ

90分間ピッチに立ち続けたトッティ

フル出場を果たしたトッティ photo/Getty Images

29日にヨーロッパリーグのグループステージ第2節が行われ、ローマ(イタリア)と瀬戸貴幸が所属するアストラ(ルーマニア)が対戦した。試合は、ケヴィン・ストロートマンなどのゴールで4ゴールを奪ったローマが4-0で圧勝。今季のUELで初勝利を挙げた。

そんな中、40歳の誕生日を迎えてから初めての試合でフル出場を果たし、2アシストを決めたローマの主将フランチェスコ・トッティが伊『Sky SPORT』のインタビューに応じ、次のように述べた。

「今日の試合のデキに関しては、とても満足しているよ。チームの実力を証明するためにも勝利することが大事だった。これからも今日のように勝ち続けたいね」

「前半が終わったとき、チームドクターに冗談を言ってやったんだ。25歳のときだってこんなに脚の調子は良くなかったよってね。でも、これは本当のことなんだ。フィジカルコンディションが本当に良いよ。90分間ピッチに立ち続けることができるくらいにね」

自身の調子の良さをメディアの前で明かしたトッティ。衰え知らずのローマの王子は、今季どんなプレイを披露してくれるのだろうか。今後のプレイに期待したい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ