移籍の噂もあった“ピルロ2世”、パリ・サンジェルマンとの契約を2021年まで延長

「僕が望んでいたもの」

「僕が望んでいたもの」

在籍5シーズン目を迎えるヴェラッティ photo/Getty Images

パリ・サンジェルマンに所属するイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティが2021年まで契約を延長した。クラブの公式サイトが発表している。

毎年、多くの移籍の噂が立つヴェラッティ。イタリア帰還という可能性も一時は報じられたが、最終的にはフランスで挑戦を続ける道を選んだようだ。今回の契約延長に際して同選手は以下のようにコメントした。

「とても名誉なことだ。クラブは僕を信頼してくれているし、すぐにオファーを受け入れたよ。それは僕が求めていたものだったし、ここでタイトルを取りたいからね。フランス国内では多くのタイトルを取っているけど、ヨーロッパでも取れることを望んでいる。それが僕らの目標だからね。それは大きな野望だ。でも僕はこのようなビッグクラブでプレイできて本当に幸せなんだ」

すでに在籍して4年となるヴェラッティ。イブラヒモビッチという王様がチームを去っただけに、次にチームを束ねるのはこのイタリア人になるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ