モイーズを最も理解していた男が涙 フェライニ「解任された時は泣いた」

モイーズを勝者にすることはできず

モイーズを勝者にすることはできず

モイーズと信頼関係を築くフェライニphoto/Getty Images

現在マンチェスター・ユナイテッドでプレイするMFマルアン・フェライニは、元マンU指揮官のデイビッド・モイーズに才能を見出された選手だ。エヴァートンでもモイーズの下で中心的選手として活躍し、マンUにも引き抜かれた。

だからこそ、フェライニにとってモイーズがマンUの指揮官を解任されたことはショッキングな出来事だった。英『METRO』によると、フェライニはモイーズを父親のように慕っているようで、解任された時には涙を流したと明かした。

「モイーズは僕にとって第二の父親のような存在だった。彼は僕に対して厳しく接してきたけど、それも僕のためだ。僕たちは様々なトレーニングをしたし、彼のおかげでテクニック、フィジカル、戦術的な面で成長できた。恥ずかしいとは思わないけど、僕は彼がマンUの指揮官を解任された時に泣いたよ。彼にとっては難しい時期になったけど、彼は必ず戻ってくる。彼は良い指揮官だし、今でも時々連絡を取っているんだ」

フィジカルを前面に押し出したモイーズのスタイルでフェライニは重要な選手だったが、残念ながらマンUでは満足な成績を残せていない。モイーズのサッカーに最もフィットする人材だっただけに、解任されたことを今でも残念に思っているようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ