代表戦初ゴールのレスターFWバーディ、地元メディアも高評価「19分でのパフォーマンスで判断するのは難しいが……」

若手が台頭するイングランド

若手が台頭するイングランド

代表初ゴールをマークしたバーディ photo/Getty Images

イングランド代表は現地時間26日、国際親善試合でドイツ代表に2点をリードされながらも、最終的に3-2のスコアで逆転勝利を収めた。

レスター・シティで日本代表FW岡崎慎司と2トップを組むジェイミー・バーディは、FWダニー・ウェルベックに代わり71分に途中出場を果たすとその3分後、ナサニエル・クラインによる右サイドからのクロスをヒールシュートで流し込み、貴重な同点ゴールを奪取。バーディはこの得点で代表初ゴールをマークした。

英『sky SPORTS』は試合後の採点(10が最高点)で、バーディに「8」の採点をつける高評価。「19分で彼のパフォーマンスを判断するのは難しいが、今シーズン良い結果を残し続けている。見事なゴールで彼のシュートを止めることはできなかった」と寸評した。逆転勝利を収めたイングランド代表は、出場したすべての選手が概ね高く評価されたが、最も高い「9」の採点を獲得したのはナサニエル・クライン、ダニー・ローズ、エリック・ダイアー、デル・アリの4人。22歳のダイアーやデル・アリなどの若手の台頭が、イングランド代表に勢いを与えている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ