寿人でも大久保でも浅野でもない! 開幕戦のヒーローとなったFW小林悠は3年連続開幕戦弾

自身の得点を振り返る

自身の得点を振り返る

3年連続開幕戦で得点を記録した小林 photo/Getty Images

2016年シーズンJリーグ開幕戦が27日に各地で開催され、サンフレッチェ広島と川崎フロンターレが対戦した。試合後、選手のコメントをJリーグ公式サイトが伝えている。

昨年のJリーグチャンピオン広島がホームに川崎を迎えての一戦。序盤はアウェイの川崎が攻勢をかけるが、試合は徐々に広島がペースを掴み、コーナーキックからDF佐々木翔やFW佐藤寿人が惜しいシュートを放つ。さらに後半もMF柴崎晃誠が強烈なシュートでゴールを狙うなど、多くのチャンスを作り出す。しかし得点が奪えないでいると川崎は84分、左サイドを抜け出したMF中野嘉大からのパスを受けたFW小林悠がネットを揺らし、先制に成功。試合はこのままタイムアップの笛を迎え、川崎が敵地でJリーグチャンピオンを下した。

決勝点となったゴールを記録した小林は、2014年シーズンと2015年シーズンの開幕戦でも得点しており、同試合でのゴールで開幕戦3年連続得点を記録。同選手は自身の得点を振り返り、「2年連続で取っていたので、取れるかなというのは少しありましたけど、試合中は本当にきつくて、最後のチャンスの場面も結構きつかった。でも、頑張って走って良かったなって感じですね」と話している。

川崎は次節、ホームで湘南ベルマーレと対戦する。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ