ヤングのダイブにロイ・キーン怒る! 「宙返りしている」「恥知らず」

マンUにはふさわしくない行為と語る

マンUにはふさわしくない行為と語る

クラブOBに批判されたアシュリー・ヤング Images

マンチェスター・ユナイテッドMFアシュリー・ヤングのダイブに批判が集まっている。

ヤングは昔からシミュレーション常習犯だったが、3日のチャンピオンズリーグ・CSKAモスクワ戦で再びPKをもらおうとダイブ。この行為には元マンチェスター・ユナイテッドMFポール・スコールズ氏も苦言を呈しており、癖になっているダイブをやめないといけないと指摘した。

さらに英紙『デイリー・ミラー』によると、闘将として知られた元マンUのロイ・キーン氏もヤングのダイブを批判し、次のように述べている。

「先輩の選手たちはヤングの行為をやめさせないといけない。あれはマンチェスター・ユナイテッドで受け入れられるものではない。彼のプレイは倒れているんじゃなくて、宙返りしているんだ。恥ずかしい限りだよ。あの行為も1度か2度ならミスとして許すこともできる。しかし彼は9回か10回くらいやっているし、マンUに来る以前からやっていた。恥知らずな行為だ」

あの場面のヤングは相手の足に当たる前に思い切り前転したような倒れ方になっており、あまりにオーバーアクションすぎるダイブだった。アリエン・ロッベン、クリスティアーノ・ロナウドらもダイバーと言われるが、ヤングは今回の一件でまた世界的に有名なダイバーとなってしまった。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ