選手が1人1人消えていく…… UCLで悪夢が続くバルセロナ

1試合に1人ずつ負傷していく

1試合に1人ずつ負傷していく

ラキティッチはボリソフ戦で負傷離脱した Images

バルセロナは4日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節でBATEボリソフに3-0で勝利を収めたが、この試合でMFイヴァン・ラキティッチが右ふくらはぎを負傷した。スペイン紙『スポルト』によると、ラキティッチの負傷でバルサは今季16人目の負傷者を出したことになり、序盤戦から主力が揃わない苦しい展開となっている。

また、チャンピオンズリーグでは、1試合に必ず1人の負傷者を出している。第1節のローマ戦ではFWラフィーニャがとんでもない大怪我を負い、MSNの代わりとインサイドハーフを務める器用な人材を失ってしまった。第2節のレヴァークーゼン戦ではMFイニエスタが右太ももの筋肉を負傷。第3節のBATEボリソフ戦ではMFセルジ・ロベルトがそけい部を負傷していた。この試合ではラキティッチを休ませるためにセルジ・ロベルトを先発起用したのだが、前半18分に負傷したことでラキティッチが穴を埋めることになった。ローテーションを積極採用しているルイス・エンリケ監督にとっては、プランを次々に壊されている気分だろう。

エンリケ監督は8日のビジャレアル戦でラキティッチを欠くのは苦しいと語り、プランが崩れたと負傷者の続出を嘆いている。21日にはレアル・マドリードとのクラシコも控えているだけに、これ以上の負傷は避けたいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ