ラキティッチ、W杯欧州予選で無念の負傷 翌日再試合が影響か

国内リーグ開幕2試合でフル出場を果たしていたラキティッチ photo/Getty Images

恐れていた事態が現実に

2014年よりバルセロナに在籍しているイヴァン・ラキティッチ(クロアチア代表)。今季もリーガ・エスパニョーラ開幕2試合でフル出場を果たすなど、同クラブの中盤に欠かせない存在となっている。

好調を維持していた同選手だが、3日に行われたロシアW杯の欧州予選(コソボ代表戦)の55分に途中交代。交代理由がハムストリングの負傷であるほか、リーガ・エスパニョーラ第3節(エスパニョール戦)とUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第1節(ユヴェントス戦)への出場が困難であるという見解が6日付けのスペイン紙『SPORT』(スペイン語版)で示されている。

本来2日に消化する予定であったコソボ代表戦だが、豪雨により翌日に試合が延期に。クロアチア代表MFルカ・モドリッチが負傷のリスクが伴う過密日程の断行について不満を漏らしたこともあり、FIFA(国際サッカー連盟)の試合延期措置の在り方がクローズアップされていた。今回、バルセロナやクロアチア代表にとって恐れていた事態が現実のものとなってしまったが、今後も議論が必要なテーマであることは間違いないだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ