セルティックでは古橋との相性も良かったのに…… 25歳でサウジアラビアへ向かってしまったアタッカーの現在

アル・イテハドへ向かったジョタ photo/Getty Images

サウジアラビア行きが早過ぎたか

スコットランドのセルティックでは古橋亨梧との相性も良く、通算83試合で28ゴール26アシストを決めていたポルトガル人FWジョタ。

しかし、昨夏にはサウジアラビアのアル・イテハドへ移籍。サウジアラビア行きは最近のブームの1つではあるが、ジョタにとっては難しい時間になってしまった。

まず昨季前半はアル・イテハドの外国人枠が埋まっていたこともあり、ジョタは昨年9月から12月までプレイすることができなかった。今年3月からはゲームに復帰したが、成績は明らかに物足りない。アル・イテハドでは全コンペティション合わせて25試合に出場し、5ゴール1アシストの成績に留まっている。
英『Daily Record』はセルティック復帰、さらにはイングランド・プレミアリーグ行きの噂もあると取り上げているが、サウジアラビアのスポーツ大臣アル・サウド氏はこれを否定。新シーズンもジョタがサウジアラビアに残ることになると見ている。

ジョタはまだ25歳と若い選手で、サウジアラビア行きが早過ぎたとの見方もある。セルティックから欧州5大リーグへのステップアップも望めたはずで、アル・イテハド移籍はキャリアにブレーキをかけてしまったか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ