パリーニャをめぐるクラブ間交渉が難航 バイエルンの二度目のオファー提示もフラムが拒否

フラムのジョアン・パリーニャ photo/Getty Images

今年こそ移籍実現か

バイエルン・ミュンヘンは、昨年に続いて今年もフラムのMFジョアン・パリーニャの獲得を目指している。2022年夏にポルトガルのスポルティングCPからフラムに加入したこのポルトガル人は、今季もフラムで公式戦39試合に出場するなど、同クラブにとって欠くことのできないキープレイヤーだ。

今月上旬にはパリーニャとバイエルンが口頭で個人合意に達したとドイツメディア『SKY Sport』が報じるなど、パリーニャの1年越しのバイエルン加入は実現間近と見られていた。

しかし、イギリスメディア『SKY』が報じたところによると、パリーニャをめぐるフラムとバイエルンのクラブ間交渉は難航しているようだ。
2028年6月末までフラムとの契約が残っているパリーニャを獲得するために、バイエルンは当初4000万ユーロ(約67億円)を移籍金としてフラムに提示したが、フラムはこのオファーを拒否。そして、両クラブは12日(現地時間)にも交渉の場を設け、その際にバイエルンは移籍金を4700万ユーロ(約79億円)まで引き上げたオファーを再提示したものの、これもフラムは拒否したという。

選手の市場価値を独自に算出している専門サイト『transfermarkt.de』では、パリーニャの市場価値は5500万ユーロ(約93億円)となっていて、フラムとの交渉を成立させるためには、バイエルンがこの金額に近い移籍金を提示する必要がありそうだ。

果たして交渉はどのような結末を迎えるのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ