イングランド・プレミア昇格の最後の枠はサウサンプトン プレイオフ決勝でリーズに勝利

決勝点を決めたアームストロング photo/Getty Images

分かれた明暗

イングランド・チャンピオンシップは5月26日、プレミアリーグへの昇格をかけたプレイオフ決勝をウェンブリー・スタジアム(ロンドン)で行い、サウサンプトンとリーズ・ユナイテッドが対戦。

サウサンプトンは、24分にFWアダム・アームストロングが相手ディフェンスラインのギャップでボールを受けると右足で得点。その後はリーズの攻撃をしのぎきり1-0で勝利した。

リーズはシュートがクロスバーを叩くなど惜しい場面も合ったが1点が遠かった。
これで、チャンピオンシップ優勝のレスター・シティ、2位イプスウィッチ・タウンとあわせて、2024-25シーズンにプレミアに昇格する3クラブが決定した。

サウサンプトンは2022-23シーズンに最下位でプレミアから降格したが、1年で復帰を果たした形だ。同じく19位で降格したリーズは1年での復帰はならず。18位で降格したレスター・シティは1年で返り咲き。降格組のうち2クラブが1年でプレミア復帰を果たし、1クラブはあと一歩及ばず涙をのんだ。

リーズは過去にはヨーロピアンカップ(欧州CL前身)で準優勝するなどしてミラクル・リーズと呼ばれたが、再興にはまだ時間がかかりそうだ。


記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ