新天地はどこに!? 日本代表DF中山雄太3部降格のハダースフィールド退団が決定

今季限りでハダースフィールドを退団する中山雄太 photo/Getty images

怪我に泣いた2年間に

イングランド2部ハダースフィールド・タウンは、日本代表DF中山雄太の退団を公式サイトで発表した。

オランダ、ズヴォレで目覚ましい活躍をみせ、2022年7月にハダースフィールドへ完全移籍を果たした中山。移籍後は主にセンターバックや左サイドバックで出場機会を得ていたが、2022年11月にアキレス腱断裂の重傷を負うと、その後は長期間戦線を離脱することに。

怪我の影響でカタールワールドカップの出場も逃していた中山は、2年目の今季も負傷に悩まされており、3月には膝の内側側副じん帯を損傷。
ハダースフィールドでは、公式戦39試合に出場し、2得点2アシストを記録した中山だが、この2年間は怪我に悩まされる形となり、クラブも3部降格が決定となった。

中山とクラブの契約は今季限りとなっていたため、延長されることなく退団することが決定。今夏にフリーとなり、新天地を探すこととなる。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ