アーセナル中盤のコントロールマスターは来季も残る ジョルジーニョと1年契約延長間近

アーセナルのジョルジーニョ photo/Getty Images

老獪なゲームコントロールができるMFは貴重

アーセナルMFジョルジーニョは、クラブにもう1年残留することになるようだ。移籍市場に詳しいジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が、自身のXアカウントで報じている。

現在32歳のジョルジーニョは昨季1月にアーセナルに加入した。現行の契約は6月末で満了となるが、クラブはこのベテランをもう1年とどまらせることを決断したようだ。

ジョルジーニョは今季リーグ戦23試合に出場し、そのうち10試合に先発している。重要な試合では中盤底のコントロール役として起用されることも多く、3-1と勝利したリヴァプール戦などは見事にゲームを操り、今季加入のデクラン・ライスからも「彼がどんなふうにゲームをコントロールするか、ボールを持ったときにどれだけ冷静でいられるか、彼がほかの多くのMFにはない資質があることを知っている」と絶賛されていた。
若い選手が多いなか、このベテランはメンター役としても重要なのだろう。その老獪なゲーム運びと視野の広さは貴重で、来季MF補強の噂が絶えないアーセナルにおいても、まだまだ活躍の場はありそうだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ