1シーズンで“181回”もドリブル成功 アザールが語るベストシーズンはリーグ全試合出場の10年前に

チェルシー時代のアザールはキレキレだった photo/Getty Images

10年前はコンディションも万全だった

昨年限りで現役を退いた元ベルギー代表FWエデン・アザール。その全盛期がチェルシー時代にあったのは間違いない。

中でもアザールがベストシーズンに挙げるのは、ジョゼ・モウリーニョが指揮していた2014-15シーズンだ。

負傷続きだったレアル・マドリード時代からは考えられないが、このシーズンのアザールはリーグ戦全38試合に先発出場している。当時は体の状態もキレていて、シーズンを通して19ゴール13アシストを記録。チームもプレミアリーグとリーグ杯を制していて、アザールもプレミア年間MVPに輝いている。
「チェルシーで7年を過ごしたからね。それは僕のキャリアの中で最高の思い出だよ。僕にとって最高のシーズンは、モウリーニョ監督とプレミアリーグ、リーグカップを制したシーズンかな」

英『Standard』によると、アザールはこのように振り返っている。

2014-15シーズンのアザールは、プレミアリーグだけで181回ものドリブルを成功させている。これはアザールのキャリアハイとなる数字で、当時は本当に止められない選手だったのだ。

その後移籍したレアル・マドリードではコンディションが整わずに苦しんだが、ベルギー史上最高クラスの天才プレイヤーだったのは間違いない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ