“プレミア最強の盾”が20年ぶりタイトルへの鍵 マンC、リヴァプールをも抑えるアーセナルの守備

サリバとガブリエウのCBコンビ photo/Getty Images

大一番を制したアーセナル

リヴァプールとの大一番で3-1の勝利を飾ったアーセナル。首位リヴァプールとの勝ち点差を3にまで縮め、20年ぶりのリーグタイトル獲得に向け弾みをつけた。

この試合で素晴らしかったのがアーセナルの守備だ。英『Sky Sports』によると、この試合のリヴァプールのゴール期待値は「0.37」となり、これは今季のリーグ戦の最低値だという。モハメド・サラー不在ではあったが、リヴァプールの枠内シュートを1本に抑えたアーセナルの守備陣が、リーグタイトルの鍵を握ると語るのがジェイミー・キャラガー氏だ。

「すべての面でリヴァプールより優れていたが、特に目立ったのは守備の強さだった。リヴァプールは幸運なゴールを奪ったが、あの試合でリヴァプールが脅威に見えるとか、ゴールが迫っているとは一度も感じなかった」
「試合後、アーセナルよりもマンチェスター・シティの方が良い結果だったと言ったが、アーセナルにはタイトルを獲得するわずかな可能性がある。そのチャンスは彼らの守備の良さから生まれる。失点だけでなく、実際に数字を見てみると、守備面ではプレミアリーグで最高のチームだと思う。昨日のリヴァプールのxG(ゴール期待値)を見ればわかる」

アーセナルのここまでの失点期待値は7.30となっており、これはリーグベストの数字だ。マンチェスター・シティとの一戦でも、シティのゴール期待値を0.48に抑えており、世界トップクラスの攻撃陣を誇る2チームに対し圧巻の数字を残している。

タイトル獲得にはストライカーの存在が必要不可欠だと言われているアーセナルだが、プレミア最強の盾を誇る守備陣の存在が20年ぶりのリーグタイトル獲得の鍵を握るかもしれない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ