ブライトンが狙うのはトッテナムで苦戦中のアタッカー? 残りわずかな移籍期間で間に合うのか

トッテナムで苦戦するヒル photo/Getty Images

今季は2試合のみのスタメン

ブライトンがトッテナムに所属するFWブライアン・ヒル(22)の獲得に動いていることを英『Daily Mail』は伝えている。

冬の移籍期間のデッドラインはもうそこまで近づいているが、同メディアによるとブライトンは今冬での獲得を計画しており、移籍の可能性についてトッテナムに問い合わせているという。ブライトンはレンタルでの獲得を考えているようだが、ヒルにはノッティンガム・フォレストも興味を示しているとのこと。

ヒルは2021年にトッテナムに加入。その後は、バレンシアとセビージャにレンタル移籍をしていた。トッテナムではなかなか出場機会を得ることができておらず、公式戦通算41試合に出場し、2アシストをマークしている。
アンジェ・ポステコグルー新監督が就任した今シーズンもヒルの状況は大きく変わっておらず、今季は10試合に出場するも、スタメン出場はわずか2試合のみだ。プレイ時間も217分となっており、厳しい状況が続いている。

ブライトンは今シーズン、怪我人が続出しており、EL決勝トーナメントのことも考えると、攻撃陣の補強に動く必要がある。冬のマーケットはもう間も無く閉じるが、ブライトンはヒルを獲得することはできるのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ