1位は今最も旬な男!? 欧州5大リーグ所属のU-23選手、90分あたりの直接ゴール関与数が最も多いのは

欠かせない存在となったベリンガム photo/Getty Images

1位は驚異の1試合あたり0.99

若い世代の活躍が顕著である欧州5大リーグだが、実際にその活躍はデータにも表れている。

サッカーデータを提供する『Opta』は、29日今シーズンの欧州5大リーグのU-23選手による90分あたりの直接ゴール関与数ランキングを発表した。

同サイトによると、1位はレアル・マドリードに所属するイングランド代表MFジュード・ベリンガムの0.99だという。惜しくもベリンガムに競り負け2位となったのは、チェルシーに所属する同じくイングランド代表のコール・パルマーの0.94だ。
ベリンガムは今シーズン、ラ・リーガ初挑戦でありながら、現在リーグ得点王を走っており、その活躍ぶりは誰もが認めるもの。またパルマーもチェルシーに移籍してきて目覚ましい活躍を見せており、現在チーム内トップの9ゴールをマークしている。

両者ともに90分あたりの直接ゴール関与数は1に限りなく近い数字を叩き出しており、出た試合ではほぼ毎回ゴールに絡んでいる計算となる。チームに欠かせない選手であることをデータにおいても証明している。

また、3位はマンチェスター・シティに所属するベルギー代表FWジェレミー・ドクの0.81、続く4位はクリスタルパレスのFWミカエル・オリーセの0.80だという。ドクは昨夏フランスのリールからマンチェスター・シティに移籍したが、持ち前の推進力のあるドリブルで得点に多く関与しており、データにもそれが表れている。また、オリーセは精度の高い左足を武器にチームを支えていることがデータからもわかり、ビッグクラブが争奪戦を繰り広げているのも納得だ。

既にワールドクラスの活躍を見せている彼らだが、今後の更なる飛躍に目が離せない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ