センターバック不足のバイエルンが狙うアラウホ デコ氏はきっぱり否定「検討していない」

バルセロナのアラウホ photo/Getty Images

手薄な守備陣のテコ入れが急務

今冬の移籍市場で既にイングランド代表DFエリック・ダイアーを獲得したバイエルン・ミュンヘンだが、ドイツ紙『Bild』によると、守備陣のさらなる強化のためにバルセロナのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホにも興味をしめしているという。
 
今季のバイエルンでは、ここまで主に韓国代表DFキム・ミンジェ、フランス代表DFダヨ・ウパメカノ、オランダ代表DFマタイス・デ・リフトの3人がセンターバックとして起用されてきた。しかし、キムは現在アジアカップカタール2023に韓国代表の一員として参加しているため不在。加えてデ・リフトも今季は怪我による離脱を繰り返していて戦力として計算が立ちづらい状況となっていることから、バイエルンにとって即戦力のセンターバック獲得は喫緊の課題であり、その解決策としてバルセロナで守備の要として活躍するアラウホに照準を絞っているようだ。
 
バルセロナの下部組織出身で現在24歳のアラウホをめぐっては、これまでバイエルンだけでなくマンチェスター・ユナイテッドも獲得を狙っているクラブとして度々名前が挙がっていて、その去就への関心は日増しに高まっている。

しかし、バルセロナのスポーツディレクターであるデコ氏はスペインのラジオ番組『Movistar Futbol』の取材に応じ、「アラウホは我々にとってキープレイヤーだ。現在においても未来においてもね。彼には我々との契約があり、クラブは彼の売却を検討していない」とコメント。さらに、「大事なのは、彼がここで幸せを感じられているということなんだ。話し合わないといけないことなんてないよ」とも付け加えて、2026年6月末までバルセロナとの契約を残すアラウホが移籍する可能性をきっぱりと否定した。
 
『Bild』によると、バイエルンではアラウホの他にパリ・サンジェルマンのフランス代表DFノルディ・ムキエレ、ニューカッスルのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーもDFの獲得候補としてリストアップしているという。バルセロナにとって¨非売品¨とも言えるアラウホの獲得を断念して他の候補へと切り替えるのか、残り1週間ほどとなった今冬の移籍市場でのバイエルンの動きに今後ますます注目が集まることになりそうだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ