サラーがいる今より強かった? AFCONを3連覇したザキ、アブトレイカら“エジプト黄金期”から14年

今のエジプト代表にはサラーがいるが…… photo/Getty Images

総合力では当時が上だったか

現在のエジプト代表にはリヴァプール所属FWモハメド・サラーがおり、サラーは現サッカー界でも1、2を争うレベルのアタッカーだ。

しかし、アフリカ・ネイションズカップではあと一歩の戦いが続いている。近年のエジプトは2017年大会、そして前回の2021年大会で準優勝の成績を収めており、優勝まであと一歩だった。

今月よりスタートしたアフリカ・ネイションズカップ2023では、サラー擁するエジプトはグループステージ初戦でモザンビーク、第2節でガーナ代表と両試合とも2-2で引き分けており、勝ち切れないゲームが続いている。さらにガーナ戦ではサラーが負傷交代しており、前回大会ファイナリストが早くもピンチだ。
振り返ると、エジプトが最後にアフリカ・ネイションズカップを制したのは2010年のことだ。何より凄いのは、エジプトは2006、2008、2010年大会と3連覇を果たしているのだ。

2006年大会ではディディエ・ドログバやヤヤ・トゥレがいたコートジボワール代表を決勝でPK戦の末撃破し、続く2008年大会ではカメルーン代表、2010年大会ではガーナ代表を決勝で破っている。

全体のチーム力ではサラー擁する現チームを上回ると見てよさそうだが、当時は国内の名門アル・アハリがアフリカ・チャンピオンズリーグを立て続けに制するなど強さを発揮していた時代だ。クラブワールドカップで当時のアル・アハリを見た人も多いだろう。

そのタレントたちが代表にも入っており、当時はMFモハメド・アブトレイカ、DFワエル・ゴマー、MFアハマド・ハサン、プレミアリーグでも活躍したFWアムール・ザキなど実力者が揃っていた。サラーほど評価されていた選手はいないかもしれないが、当時はエジプトにとって1つの黄金期だったとも言える。

エジプトとしてはサラーがいる間にアフリカの頂点にもう一度立ちたいだろう。ワールドカップでは2018年大会で久々の出場を果たしたが、アフリカ・ネイションズカップ制覇の夢は叶っていない。今大会は苦しい立ち上がりとなったが、まだ巻き返すチャンスはあるか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ