“海外組爆増”の日本は現アジア最強のタレント集団なのか アジアカップ優勝候補筆頭との声も

最近の親善試合でも日本は結果を出している photo/Getty Images

アジアカップ制覇はマストか

ここまでアジアカップ2023の優勝予想を見ると、日本代表を1番手に挙げる声が目立つ。欧州トップリーグでプレイしている選手も多く、最近の親善試合でもゴールラッシュが続く日本が人気を集めるのも頷けるか。

その選手層には、元オーストラリア代表GKマーク・シュウォーツァー氏も驚きを隠せない。

「日本代表を見てみると、彼らは非常に優れたタレント集団だね。彼らがどれほど優れたチームであるか、そして多くの選手が世界でプレイしていること、本当に驚いたよ」(『Optus Sport』より)。
シュウォーツァー氏は過去に何度か日本代表と対戦しているが、確かに海外組は当時の日本代表より明らかに多い。所属クラブだけを見れば、日本の選手層はアジアでも1、2を争うものだろう。

『Optus Sport』でスペインサッカーを担当するフィル・キトロミリデス氏は、その中でもレアル・ソシエダMF久保建英を注目に挙げる。

「久保は並外れた才能のある選手で、レアル・ソシエダでのこの1年半で本当に成長した。ソシエダへの移籍は彼にとって完璧なものだったし、我々は彼がレベルアップするのを見てきた。今年はチャンピオンズリーグでもパフォーマンスを発揮してきた。彼がいる日本は優勝候補だ。アジアカップはオープンなコンペティションだとは思うが、それでも優勝候補は日本だと思う」

圧倒的な優勝候補とまでは言えないかもしれないが、最も可能性の高いチームと見られているようだ。森保ジャパンにとっても、2026年のワールドカップでベスト8以上を目指すうえでアジアカップ制覇はマストと言える。優勝が義務付けられていると言っても大袈裟ではないが、その前評判通りの強さを発揮できるか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ