N・フォレストに1992年以来の敗戦…… レジェンドが語る今のユナイテッドに足りないものとは

N・フォレストに敗戦したマンU photo/Getty Images

一時は同点に追いつくも

プレミアリーグ第20節でノッティンガム・フォレストと対戦したマンチェスター・ユナイテッド。

前節は好調アストン・ヴィラを相手に2点差をひっくり返す大逆転勝利を飾ったユナイテッドだったが、この試合はフォレストに先手を取られる。64分にフォレストMFニコラス・ドミンゲスに先制ゴールを決められ、1点を追いかける形に。

しかしユナイテッドもMFブルーノ・フェルナンデスやFWアレハンドロ・ガルナチョを中心に多くのチャンスを作ると、78分にガルナチョのパスを受けたFWマーカス・ラッシュフォードが同点ゴールを挙げる。
その後も多くのチャンスを作ったユナイテッドだったが、82分にMFモーガン・ギブス・ホワイトに点を決められ1-2で敗戦。英『Sky Sports』によると、ユナイテッドがフォレストに負けたのは1992年以来だという。

ユナイテッドのレジェンドであるガリー・ネビル氏は同メディアで、「一貫性が欠けている」と今のユナイテッドの問題を指摘している。

「マンチェスター・ユナイテッドは、一貫性がなくひどい状態に戻ってしまった。敗れた彼らはピッチを後にする。ゴール裏のユナイテッド・ファンは落胆して立ち去るだろう」

「今のユナイテッドは奇妙なチームだ。0-0の時はまるでカタツムリのようなペースでプレイし、失点すると、『ああ、これはやめたほうがいい。そろそろ動こう』という風になる。彼らは危険を全く予期していない」

前節のアストン・ヴィラ戦も先に失点を許す形ではあったが、そこからの怒涛の追い上げは素晴らしかっただけに、フォレスト戦も勝利を収めたかったところだ。ユナイテッドは首位との勝ち点差11となり、黒星で2023年を終える形となった。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ