ネイマールを失ったのに16戦無敗 C・ロナウドの前に立ちはだかる“アジア最強候補”アル・ヒラルが強すぎる

国内リーグで首位を走るアル・ヒラル photo/Getty Images

直接対決ではアル・ナスルを3-0で粉砕

今冬にサウジアラビアのアル・ナスルと契約したFWクリスティアーノ・ロナウド。常に高いモチベーションを保ってきたロナウドが目指すのは、もちろんサウジ・プロフェッショナルリーグ制覇だ。

しかし、その前に強烈なライバルが立ちはだかっている。現在無敗でリーグ首位を走るアル・ヒラルだ。

アジアチャンピオンズリーグでも上位の常連チームとなっているアル・ヒラルといえば、今夏にブラジルのスーパースターであるネイマールと契約したことも話題を呼んだ。残念ながらネイマールは大怪我で長期離脱することになったのだが、アル・ヒラルはネイマールを欠いても強さを維持している。
ここまで16試合を消化し、アル・ヒラルの成績は14勝2分だ。ロナウド擁する2位アル・ナスルは勝ち点差7でアル・ヒラルを追いかけている状況で、今月2日にはアル・ヒラルとの直接対決で0-3の完敗を喫している。

アル・ヒラルはFWアレクサンダル・ミトロビッチ、マウコム、MFセルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチ、ルヴェン・ネベス、DFカリドゥ・クリバリ、GKヤシン・ブヌら欧州トップリーグで活躍してきた強力助っ人を複数抱えており、それが強さのベースになっている。

ただ、彼らの強みはそれだけではない。アル・ヒラルには昨年のワールドカップ・カタール大会を戦ったサウジアラビア代表で右サイドバックを務めたサウド・アブドゥルハミド、34歳のベテランCBアリ・アル・ブライヒ、アルゼンチン戦で豪快なミドルシュートを決めるなどサウジアラビア代表の10番を背負って攻撃を牽引するMFサーレム・アッ・ドーサリー、サウジアラビアのポグバとも評される196cmの大型MFモハメド・カンノら代表の主要メンバーが顔を揃えている。

サウジアラビア代表もアジアの中ではまずまずの強さを誇っており、これだけ代表クラスが揃っているのは大きい。彼らと強烈助っ人を合わせれば、欧州5大リーグのクラブとも互角に戦えるだろう。

ロナウドは昨季も途中からの参戦で奮闘したが、アル・イテハドに次ぐ2位でリーグを終えている。今季はアル・ヒラルが厄介なライバルとなっており、ロナウドがサウジ・プロフェッショナルリーグの頂点に立つのはまだ先のことになるかもしれない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ