わずか12試合でブンデスでのイングランド人最多得点記録を更新 今季絶好調のケインの勢いは止まらないのか

バイエルンで得点を量産するケイン photo/Getty Images

12試合で18ゴールのケイン

ブンデスリーガ第12節でケルンと対戦したバイエルン。

試合は前半20分、FWエリック・マキシム・チュポ・モティングのシュートをGKが弾くと、ボールはFWハリー・ケインの下に。これをケインがしっかりと決め、バイエルンが幸先よく先制ゴールをマーク。

バイエルンは合計で21本ものシュートを放つが、このケインのゴールが決勝点となり、ケルンを相手に1-0で勝利を収めた。
ケインはこれでリーグ戦5試合連続での得点となり、リーグ戦12試合で18ゴールをマークしている。英『Daily Mail』によると、ケインはこの得点でブンデスでの1シーズンにおけるイングランド人最多得点記録を更新したという。

これまでは、1978-79シーズンにハンブルガーSVで17ゴールを決めていたケヴィン・キーガン氏と2019-20シーズンにドルトムントで17ゴールを決めていたジェイドン・サンチョがシーズン最多得点記録を保持していた。

今夏にトッテナムからバイエルンに加入したケインは、今シーズンここまで圧巻の成績を残し続けている。全公式戦通算17試合で22ゴール7アシストを記録しており、世界最高のストライカーといっても過言ではない活躍を見せている。

得点を量産し続けているケインは、今シーズンどれだけのゴールを積み重ねることができるのか大きな注目を集めている。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.292 最強ボランチは誰だ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ