右サイドを駆け上がるオランダの巨人DFの脅威 FWよりも怖いダンフリースの進撃

オランダ代表のダンフリース photo/Getty Images

1年半で12のゴールに絡んでいる

今のオランダ代表には、右サイドから駆け上がってくる恐怖の巨人がいる。

インテルに所属するDFデンゼル・ダンフリースだ。

右サイドバックを本職とするダンフリースは、188cmのサイズを誇る超大型のサイドバックだ。インテルとオランダ代表では3バックが選択されるケースが増えており、ダンフリースは右ウイングバックとして攻撃面でも重要な役割を担っている。
その攻撃性は確実に成長しており、オランダ代表にて2022年より3ゴール9アシストと計12のゴールに関与しているのだ。

今月行われたEURO2024予選では、7日のギリシャ戦で2アシスト、10日のアイルランド戦で1アシストを記録。右サイドから一気に相手ペナルティエリアまで顔を出し、そこにMFフレンキー・デ・ヨングらがパスを通してくるパターンはオランダお得意の武器となっている。

セットプレイでもターゲットマンになることが可能で、今のオランダにはダンフリースが欠かせない存在となっている。オランダの選手たちもダンフリースの攻め上がりをチェックしており、右サイドから駆け上がってくるダンフリースは要注目だ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ