“得点力”身につけた久保建英はついに新時代の怪物となる 大当たりだったソシエダへの移籍「長所に磨きをかけている」

ソシエダで活躍する久保 photo/Getty Images

ビッグクラブもさらなる注目

日本代表の海外組の中でも、今季1、2を争う好スタートを切ったのがレアル・ソシエダMF久保建英だ。

昨季もソシエダで充実のシーズンを過ごしていたが、その勢いは今季も止まらない。対戦相手も久保を研究しているはずだが、今のところは止められる気配がないのだ。

何よりの脅威は、ゴール前での精度が飛躍的にアップしていることだ。10代の頃よりテクニックは抜群の評価を得ていたが、今はそれに加えて得点力も確実にアップしている。やはりアタッカーに得点力は欠かせない要素で、DFにとってはさらに怖い存在となった。
スペイン『SPORT』もソシエダで継続的に出番を得たことが得点力アップに繋がったと久保を評価する。

「レアル・ソシエダで指揮官のイマノル・アルグアシルが継続的に起用したこともあり、クボは成長し、ますます重要な存在となった。彼は自分の欠点を修正し、長所に磨きをかけている。その1つがゴール前での正確さだ。彼のパフォーマンスは輝きを増しており、トップチームの注目を集めている」

これまではレアル・マドリードからマジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェ、再びマジョルカとレンタル移籍を繰り返してきたが、なかなか久保のスタイルと戦術がフィットしなかった。その点ソシエダを指揮するアルグアシルのサッカーとは当初より相性が良く、久保の攻撃性を100%引き出せている。

最近ではレアル・マドリードが買い戻しを検討しているといった話題もあり、同メディアも継続的にレアル・マドリードが久保を注視していくはずと見ている。今季このまま得点数を伸ばすことができれば、マドリーのようなメガクラブでもレギュラーを争える領域へ達するのではないだろうか。新時代の怪物が完成する時は近い。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ