サウジの猛威は代表活動にも 名将マンチーニに年俸28億円超えの巨額オファーか

イタリア代表監督を辞任したマンチーニ氏 photo/Getty Images

近日中にも正式就任の可能性

今夏の移籍で猛威を振るっているサウジアラビアだが、クラブ活動だけでなく代表活動においても、その力が発揮されることとなるかもしれない。

3月にエルヴェ・ルナール氏が退任して以降、正式な指揮官が決まっていないサウジアラビア代表。英『Football Italia』らによると、同国サッカー協会(SAFF)が、イタリア代表の指揮官を電撃辞任した名将ロベルト・マンチーニ氏にオファーを出しており、近日中にも正式に承諾する可能性があるようだ。

以前からマンチーニ氏に対してラブコールを送っていることは伝えられていたが、イタリア代表辞任を受けて、サウジアラビア代表就任の噂が加速。同氏は辞任理由に関して「個人的な決断」と明かすにとどまり、新たなオファーを受けるためにこの決断をしたのか、はたまたその他の理由で決断に至ったのかはわからない。
ただ、同メディアいわく、断るのが難しいほどの高額なオファーが届いているとのこと。その金額はなんと年俸1800万ユーロ(約28億5000万円)だという。しかも契約期間は3年となっており、同氏は合計で5400万ユーロ(約85億5000万円)もの大金を手にできることになる。

はたして、マンチーニはサウジアラビア代表を率いることとなるのか。今後の動向にも注目だ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ