クワラツヘリアを“8アシスト”で追うユーヴェ左サイドの真術師 セリエAでも変わらぬ圧巻のチャンスメイク力

ユヴェントスでプレイするコスティッチ photo/Getty Images

ブンデスで見せていたアシスト力は健在

今季のセリエAではナポリFWクヴィチャ・クワラツヘリアがブレイクしており、ここまでリーグ戦で12ゴール10アシストの数字を残している。この10アシストという数字は、現在リーグ1位だ。

クワラツヘリアの左サイドからの仕掛けは強烈だが、負けじと左サイドを疾走しているチャンスメイカーのことも忘れてはならない。

セリエAでアシストランク2位となる8アシストを記録し、クワラツヘリアを猛追しているのがユヴェントスMFフィリップ・コスティッチだ。
セルビア代表のコスティッチはここまでリーグ戦3ゴール8アシストの数字を残しており、19日に行われたインテルとの対決でも決勝点を決めたばかり。

コスティッチは昨夏にフランクフルトから加わった選手で、ブンデスリーガでも2019-20シーズンに11アシスト、2020-21シーズンに14アシストを記録するなど、鎌田大地とともにチームを引っ張るチャンスメイカーとして注目されてきた。

そのアシスト力はユヴェントスでも健在で、伊『Gazzetta dello Sport』もユーヴェの左サイドを支配する存在と称える。セリエA1年目ながらフランクフルト時代と変わらぬ数字を残しているのは見事で、アシスト数を二桁に乗せることも可能だろう。クワラツヘリアはライバルの1人だが、コスティッチにもアシスト王獲得の可能性は残されている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.281 カルチョの逆襲

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ